2019年8月7日水曜日

唾液のはたらき☝🏻️後編

前編、中編に引き続き
後編では、唾液の増やし方をご説明します🤗

唾液がつくられる唾液腺は、筋肉と同様
使わないと衰えてしまいます😱😱

その予防は、唾液腺の刺激が有効です‼️

まずは、よく噛んで食べることです☝🏻️

よく噛んで食べると唾液腺が刺激され、
自律神経にも伝わり、それが唾液分泌の指令を
出すことにもつながります👍🏻👍🏻

また、唾液腺を直接刺激する
唾液腺マッサージも有効です🙋‼️




※マッサージというとゴリゴリ押すイメージがあるかもしれませんが
強く押しすぎることでかえって顎関節や軟組織が痛くなる
ことがあります。あくまで優しい力加減で行ってくださいね😊😊


医療法人 安賀歯科クリニック
06-5202-8020

2019年7月25日木曜日

唾液のはたらき☝🏻️前編






唾液は1日に1〜1.5リットルも分泌されるといわれています⭐️

唾液には、お口の粘膜の保護などさまざまはたらきがあり、
お口や歯をはじめ、私たちのからだ全体を守っています☝🏻️


唾液の働きとしてまずあげれるのは
歯茎や舌などの粘膜を保護して傷つかないようにする
潤滑作用です

また、食物に含まれるデンプンを糖に変える
消化作用もよく知られてますね

さらに、怪我をしたら唾をつけたら治ると
言われてるのは、抗菌作用があるからです

食べかすを洗い流してお口に残るのを防ぐ
洗浄作用やお口の中の酸性度を正常に保って
歯が溶けるのを防ぐ緩衝作用、唾液に含まれる
たんぱく質で細菌を集める凝集作用、細菌を
お口の中から排出する作用など
むし歯や歯周病から歯を守るはたらきもたくさんあります‼️

唾液の大切さ、重要性が少しは伝わったでしょうか😁

唾液の減少は加齢とともに見られますが、
最近では若い方にも増えてきております。

ストレスがかかると交感神経が強く働きます。
交感神経への刺激が唾液腺に伝わり、
水分の少ないネバネバした唾液が分泌されます。
人前で話をするときに緊張すると
口が乾いたりしますよね😭💦


唾液が減ったらどんな怖いことがあるか
次にご説明します💁✨

医療法人 安賀歯科クリニック
06-6202-8020







唾液のはららき☝🏻️中編


前編のつづきになります💁



唾液が減った状態をドライマウスといいます💦

自分の口が乾燥状態にあるかよくわからない方には、
以下のチェックをしてもらいたいです🤗

☑︎くちびるが乾く
☑︎水をつねに持ち歩く
☑︎唇や口角が切れやすい
☑︎口内炎ができやすい
☑︎よく飴をなめる
☑︎目も乾く
☑︎舌がヒリヒリして乾燥している
☑︎口の中がネバネバする
☑︎舌に溝がある


上記が口腔乾燥のサインです⚠️


では、唾液が減ると、、、

口の中の洗浄作用が少なくなり
いつまでも食べ物が口の中に溜まります。

また、飲食物によって下がったph値が
なかなか戻らなくなり、歯の表面の
カルシウムが溶け出す「エナメル質の脱灰」が
進んでしまいます。
さらに、唾液に含まれる抗菌物質や、たんぱくの量の減少
歯を保護するペリクルも形成されにくくなることで
お口の中が菌に弱い環境になってしまいます。

このように、唾液の減少によってさまざまな
作用が弱まるため、むし歯や歯周病のリスク
が、たかくなるのです😰😰😰


前編、中編を通して
何故唾液が大事なのかを
お伝えしました💁

後編では、唾液を増やすにはどうしたらいいのか✨

を、お伝えします👼👼


医療法人 安賀歯科クリニック
06-6202-8020


2019年7月23日火曜日

プラークコントロールとは😁


プラークとは、歯の表面に付着している細菌のかたまりです☝🏻️

白色または黄白色をしているので目では確認しにくいのですが、
舌でさわるとザラザラとした感触があります😰😰

プラークはネバネバと粘着性が強いため、歯の表面にしっかりと付着し、
強くうがいしても取れません‼️‼️‼️
プラーク中には細菌が約600種類も存在しており、
プラーク1mg当たりに細菌が約1~2億個存在していると言われています🙀🙀🙀










むし歯や歯周病の予防のためには、
原因であるプラーク(細菌)をゼロに出来れば良いのですが、これは不可能です。
そこでプラークの増殖を抑制し、自分の体(歯や歯肉)に悪影響を及ぼさない程度に
いつもコントロールしておくことが必要です‼️‼️
つまり歯ブラシなどの清掃用具により、
細菌の量を減らす『プラークコントロール』が最も大切な予防法です👼
医療法人 安賀歯科クリニック
06-6202-8020





2019年7月20日土曜日

歯の老化⁉️



お肌の曲がり角は25才💦とよくいわれますが、
30代は歯の曲がり角であるといわれています🙀🙀
実際のところ歯周病のリスクは年齢を重ねるごとにどんどん増えていくため、
30代の頃にどのようなオーラルケアをしていたかが、
その後の歯の健康を大きく左右することになります🤐

歯の老化とは?

30代に入ると、歯の黄ばみや汚れが目立ちやすくなりますが、
これは唾液の分泌量の減少が原因となっています☝🏻️

唾液は本来なら食後酸性に傾いた口腔内を中和したり、
汚れを流し落としてくれるからです‼️

唾液が減ることによって、食べかすや着色物質が歯の表面に
沈着したままとなってしまうため、黄ばみや汚れがどんどん
蓄積されるようになってしまうのです💦

また歯の表面には健康そうに見えても、目には見えないミクロの傷があります😰
この傷も着色汚れをとどめてしまう原因です😭😭

さらに、30代になると歯を支える歯肉が下がっていくため
それによって歯と歯の間に歯石や歯垢が溜まりやすくなってしまい
歯周病のリスクが高まってしまうのです😖😖😖

これらが、歯を「老化」させてしまう要因です💔

30代以降は通常の歯みがきだけでなく、
歯周病を予防するためのケアも特に必要になってきます。

そのため通常の歯ブラシを使うだけでなく、
歯間ブラシやデンタルフロスを使って頂きたいです‼️‼️。
歯垢や汚れをしっかり落としていきましょう‼️‼️

オーラルケア用品や歯みがき剤など、自分のにあったものをしっかり選びたいですよね☝🏻️

そしてセルフケアだけでなく、
歯科医院で定期的にチェックをしてもらうことが大切です✨✨
患者さんそれぞれにあったケア用品もご紹介させて頂きます😁
今後の歯の健康を左右する自分への投資と考えて、、、⭐️⭐️
いつまでも健康な歯を守っていきましょう‼️✨



医療法人安賀歯科クリニック
06-6202-8020




2019年7月19日金曜日

歯石の除去⭐️


こんにちは💁‼️

以前も歯垢と歯石の違いの
お話をいたしましたが、
歯石は歯科医院での除去が
必要に なります‼️




歯垢であれば、ある程度は歯磨きで
とることができます。

しかし、歯石は歯磨きで除去することはできません🙅🏼








歯の健康のためにも、
定期的に歯科医院へ
クリーニングへお越しください🤗🤗



医療法人 安賀歯科クリニック
06-6202-8020

2019年7月17日水曜日

お盆休みについて


こんにちは‼️

毎日暑い日が続いておりますが、体調はくずされておりませんか?

セミの鳴き声を聞くと
いよいよ夏が来たな!!と感じますよね😊😊

本年度のお盆休みですが、


8/10(土) 通常診療
8/12(月)休診
8/13(火)休診
8/14(水)休診
8/15(木)休診
8/16(金) 通常診療
8/17(土) 通常診療

となっております🏖




よろしくお願いします✨


医療法人 安賀歯科クリニック
06-6202-8020